TOYOTA初のプラグインハイブリッド発売

スポーティでプレミアム感のある 専用デザイン


TOYOTAは、米国で11月23日(土)から開催のロサンゼルスオートショーにおいて、RAV4のプラグインハイブリッド車(PHV)(米国仕様・米国車名「RAV4Prime」)を世界初披露した。
RAV4のPHVは、米国および日本においては2020年夏、欧州においては2020年後半の発売を予定。

エクステリアデザインにおいては、プレミアムなワイド感や低重心感を演出するため、専用ミッドグリルとロアバンパーを採用。メッシュグリルでスポーティさを際立させ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めています。また、19インチの大径タイヤを設定し、SUVらしい力強さと安定感を表現しています。

インテリアでは、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイをRAV4として初採用。スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定しています。

パワフルな走行性能と 環境性能の両立


パワートレーンには新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用し、米国でクラストップレベルの加速性能を始めとするパワフルな走行を可能としています。電動車ならではの運転の楽しさに加えて、EV航続距離は39マイル(約62km)*2を実現するなど、優れた環境性能も両立させています。

また、大容量電池の利点を活かして災害時に役立てるよう、駆動用バッテリーに蓄えた電力を最大1,500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を搭載しています。
*2. 米国仕様の社内測定値

スポーティでプレミアム感のある 専用デザイン


エクステリアデザインにおいては、プレミアムなワイド感や低重心感を演出するため、専用ミッドグリルとロアバンパーを採用。メッシュグリルでスポーティさを際立させ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めています。また、19インチの大径タイヤを設定し、SUVらしい力強さと安定感を表現しています。

インテリアでは、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイをRAV4として初採用。スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定しています。


オススメのディーラー