TOYOTA、新型車ヤリスを2020年2月10日に発売

-走る楽しさと、WLTCモード36.0km/L(HYBRID X)の低燃費、最新の安全・安心技術を備えた、コンパクトカーの域を超える新世代コンパクトカー-


TOYOTAは、新型車ヤリス*1を2020年2月10日*2に、全国のネッツ店、ならびにトヨタモビリティ東京(株)、トヨタ西東京カローラ(株)を通じて発売します。


新型車ヤリスは、コンパクトカーならではの「軽快なハンドリング」という強みを活かしつつ、お客様の既成概念を大きく超える「上質な乗り心地」と「最新の安全・安心技術」を備えたクルマを目指して開発しました。コンパクトカー向けTNGA*3プラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」を採用した新世代ハイブリッドシステムは、力強くシームレスな走りとともに、クラス世界トップレベル*4となるWLTCモード36.0km/L*5の低燃費を実現しました。さらにトヨタのコンパクトカーとして初めて、E-Four(電気式4WDシステム)を搭載しています。




ガソリン車は新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」に、スムーズでダイレクトな加速を実現するDirect Shift-CVT(4WD*2設定あり)、または6速マニュアルを採用。さらに、改良を加えた1.0Lエンジンと小型軽量化したCVTとの組み合わせもラインアップし、選択の幅を広げています。

また、多くの方が乗るコンパクトカーだからこそ、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」*6や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」*7、楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」*8など、多くの先進・便利機能をいち早く採用しました。スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」も全車に標準装備しています。

そのほか、アクセサリーコンセント(1,500W)を設定*6し、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、停電などの非常時には発電機として使用いただけます。



オススメのディーラー