TOYOTA、新型車ヤリスを世界初公開

•コンパクトカー向けTNGA*1プラットフォームを初採用。軽量かつ高剛性、低重心なボディを実現
•TNGAの思想に基づいた「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」をはじめとする最新のパワートレーンを採用。走る楽しさに加え、ハイブリッド車で世界最高レベルの低燃費を目指す。トヨタのコンパクトカーとして初めて、E-Four(電気式4WDシステム)を設定
•ムダをそぎ落した凝縮キャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、今にも走り出しそうな、アクティブで躍動感のあるデザインを表現
•高度駐車支援システム「Advanced Park」*2(トヨタ初)や、交差点右折時の対向直進車、右左折後の横断歩行者も検知対象(トヨタ初)とした最新の「Toyota Safety Sense」(標準装備*3)で、安心・安全をサポート
•楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」*2(トヨタ初)、スマートフォンとの連携ができる「ディスプレイオーディオ」(全車標準装備)、外部給電機能(ハイブリッド車にオプション設定)などの快適・便利機能を充実

-走る楽しさと、世界最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えたコンパクトカーの域を超える、新世代コンパクトカー-


TOYOTAは、新型車ヤリス*4を世界初公開しました。日本での発売は2020年2月中旬*5を予定しています。なおヤリスは、東京モーターショー期間中、お台場のヴィーナスフォートに展示*6するほか、10月末から12月にかけ、全国各地で展示予定です。

ヤリス ティザーサイトはこちら

初代ヤリスは1999年、コンパクトカーの世界標準をつくろうとの気概のもと、トヨタの技術の総力を結集して作り上げたクルマでした。ゆとりの室内空間と、優れた基本性能をミニマムサイズで実現するため、プラットフォームをはじめ、エンジン、トランスミッション、サスペンションなど、主要コンポーネントをすべて新設計しました。

新型車ヤリスも、次の時代に求められるコンパクトカーの新たな価値を追求し、開発を進めてきました。今後トヨタの先進国向けコンパクトカーのベースとなるTNGA*1プラットフォーム(GA-B)を初採用したほか、エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションなど、すべてをゼロベースから作り上げた、新世代コンパクトカーです。軽量かつ高剛性、低重心なボディに加え、新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」に対し ①Direct Shift-CVT ②新世代ハイブリッドシステム ③6速マニュアル、改良を加えた1.0Lエンジンに対し ④小型軽量化したCVTと、4種類のパワートレーンを用意し、軽快かつ上質な乗り心地と、スムースでダイレクトな加速を実現。軽快で走る楽しさを感じていただけます。

また、ハイブリッド車として世界最高レベルの低燃費を目指して開発を進めているほか、トヨタのコンパクトカーとして初めて、E-Four(電気式4WDシステム)を設定。高度駐車支援システム「Advanced Park」*2(トヨタ初)や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象(トヨタ初)とした最新の「Toyota Safety Sense」(標準装備*3)、どなたでも楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」*2(トヨタ初)、スマートフォンとの連携ができる「ディスプレイオーディオ」(全車標準装備)など、先進的な機能をいち早く採用しました。さらに、アクセサリーコンセント(1,500W)をハイブリッド車にオプション設定し、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、停電などの非常時には発電機として使用いただけます。

開発を担当したチーフエンジニアの末沢泰謙(すえざわやすのり)は、「初代誕生から20年の節目の年、ヤリスならではのコンパクトであることの強みを活かしつつも、プラットフォームやパワートレーン等、すべてを刷新し、お客様の既成概念をはるかに超えるクラスレスな新世代コンパクトカーを作り上げました。また、多くの方が乗るコンパクトカーだからこそ、走る楽しさはもちろん、世界最高レベルの低燃費と安心安全技術を、このヤリスから搭載しました」と語りました。

*1 Toyota New Global Architecture。トヨタ自動車が、基本性能や商品力の飛躍的な向上を良品廉価の考えのもと、技術・営業・調達・生産技術など、各領域が一体で取り組んでいる活動
*2 グレード、オプション設定については12月発表予定
*3 “M package”を除く
*4 ギリシャの神CHARIS(気品、エレガンスを象徴する女神)をベースとした造語
*5 ガソリン車の4WDは2020年4月発売予定
*6 展示期間は10/23(水)~11/4(月・休)。ヴィーナスフォートについてはhttps://www.venusfort.co.jp/

車両概要
1.プラットフォーム、エンジン、トランスミッション、ハイブリッドシステム、サスペンションすべてをゼロベースから作り上げた、新世代コンパクトカー

▽プラットフォーム
コンパクトカー向けTNGA*1プラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。従来型に比べ車両重量を50kg軽量化*7、ねじり剛性を30%以上強化、重心高を15mm下げ、優れた操縦安定性と上質な乗り心地を両立しました。また、「軽快」かつ「Confident & Natural(運転中も車両が安定していて安心&ドライバーの意図通りに反応して自然)」な、クラスを超越した走りを実現しました。


▽Eyes On The Roadコンセプト
全車標準装備されたディスプレイオーディオ(DA)の上方配置とヘッドアップディスプレイ(HUD)*2の採用により、ドライバーの目線移動を低減。運転に集中できるレイアウトにこだわり、運転疲労の低減に貢献します。

▽エンジン
•TNGAの思想に基づいた「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」を新開発。ロングストロークやバルブ挟角拡大などの高速燃焼技術を採用し、低燃費と高出力を両立しました。
•「直列3気筒1.0Lエンジン」は、高タンブル流や高EGR(排気再循環)率、フリクション低減などの改良により、軽快な走りと低燃費を両立しています。

▽ハイブリッドシステム
新世代1.5Lハイブリッドシステム(トヨタ初)は、システム全体の高効率化とハイブリッドシステム専用のエンジン設計、そのほかすべてのハイブリッドユニットも新開発することにより、さらなる低燃費を実現。ハイブリッド車として世界最高レベルの燃費に加え、加速性能も向上し、燃費と走りの両立を目指しています。なおE-Fourは、トヨタのコンパクトカーとして初設定です。

▽トランスミッション
•新1.5Lエンジンに適応した、発進用ギヤ付きのDirect Shift-CVTユニットを新開発。従来のCVTに対して低速域の伝達効率を大幅に改善し、アクセル操作に応じたダイレクトでスムースな走りと優れた燃費性能を実現しています。
•1.0Lエンジン用に新開発したCVTを搭載。従来型より小型軽量化し、燃費性能向上を図りました。

▽サスペンション
•フロントはマクファーソンストラット式を採用。軽快で滑らかな動きを追求しました。
•リヤは、操縦安定性と乗り心地を両立するトーションビーム式を採用(2WD)。4WD*5/E-Fourには、2リンク・ダブルウィッシュボーン式としています。

2.無駄をそぎ落とし今にも走り出しそうな凝縮デザインと、居心地が良く快適で運転に集中できるワンクラス上の室内空間を表現

▽外形デザイン
•デザインコンセプトは「B-Dash!」。大胆(BOLD)に、活発(BRISK)に、そして美しく(BEAUTY)。鋭い加速で、弾丸のようにダッシュ!するイメージです。あふれんばかりの「力」を凝縮した、いまにも走り出しそうな外形デザインを目指しました。徹底的にムダをそぎ落したキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブな走りを予感させます。
•シャープな印象のヘッドランプで精悍な顔つきを表現。またリヤは、一体的に造形したウィンドウとコンビネーションランプが新しい3次元的なグラフィックとなり、通り過ぎてからもハッとする後ろ姿にも拘っています。


▽外板色
新規開発色の「コーラルクリスタルシャイン」*2「アイスピンクメタリック」*2を含む全12色を設定。加えて、ブラックまたはホワイトのルーフ色と組み合わせたツートーンカラーを、全6色から選択できます。

▽内装デザイン
ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間を表現しました。インパネ断面を薄くしてワイドな印象を付与したほか、ステアリングホイールを従来より小径化することで、室内をより広く、スポーティーな印象を持たせました。

また、フードレス双眼デジタルTFTメーター*2(トヨタ初)や、ソフトインストルメントパネル*2を採用したほか、コンソールの幅を広くし収納スペースを拡充するなど、ワンクラス上の室内空間を目指しました。

3.「安心・安全」「快適・便利」な先進機能

▽最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備*3
•歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」。さらに、右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし(トヨタ初)、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大しました。

また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能(トヨタ初)を追加*8。自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識。前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポートします。
•前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール」
•レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト[LTA]」*9
•ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム[AHB]」
•カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト[RSA]」

▽セカンダリーコリジョンブレーキ*10
二次衝突による被害の軽減に寄与する「セカンダリーコリジョンブレーキ」を搭載。SRSエアバッグのセンサーが衝突を検知して作動したとき、自動的にブレーキと制動灯を制御することで、車両を減速させ二次衝突による被害の軽減に寄与します。

▽高度駐車支援システム「Advanced Park」*2(トヨタ初)
•人とクルマが、気持ちが通った仲間のような関係を築くという、トヨタ独自の自動化の考え方*11に基づいた最新鋭の高度駐車支援システム「Advanced Park」*2を採用しました。
•ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援(案内に従ってシフト操作のみ必要)。カメラと超音波センサーによって周辺を監視し、万一の場合は警報とブレーキ制御で接触回避を支援します。
•さらに、事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用を可能にしました。(世界初*12設定)

▽イージーリターンシート*2(トヨタ初)
お好みのドライビングポジションを機能させ、マニュアル操作で前回の位置へ簡単に復帰することができます。特に小柄な方など、降りる際にシートを後ろへ下げ、乗り込むたびにシート位置の調整が必要な方に便利な機能です。

▽ターンチルトシート*2(トヨタ自動車初設定)
運転席および助手席のシートが回転&チルトし、楽にクルマに乗り降りすることができます。スカートや和服の際の乗り降りのほか、腰痛をお持ちの方や筋力の低下を感じている方の乗り降りもサポートします。


▽外部給電機能
アクセサリーコンセント(1,500W)をハイブリッド車にオプション設定。家庭用と同じコンセントを通じて、電化製品を使用できるほか、停電などの非常時には発電機として使用いただけます。

▽最新のコネクティッドサービス
•スマートフォン連携が可能なディスプレイオーディオ(DA)およびDCM*13を全車に標準装備することにより、スマートフォンと機能を連携するとともに、全てのお客様にコネクティッドサービスをご利用*14いただけるようにしました。また、従来通りの車載用ナビ機能を利用したいお客様には、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類から選択が可能です。
•SmartDeviceLinkTM*15(SDL)では、スマートフォンをBluetooth®︎*16とUSBケーブルで接続することで、TCスマホナビやLINEカーナビ*17などのナビアプリのほか、音楽・ラジオアプリなどをDA上で利用可能。またLINEカーナビでは、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能となり、利便性が向上します。
•Apple CarPlay®︎*18/Android AutoTM*19は、スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをDA上で利用可能です。(TVとセットオプション、契約時にT-Connect契約が必要)
•T-Connect基本サービスの1つ「ヘルプネット」では、突然の事故や急病時、ヘルプネットボタンを押すだけで専門のオペレーターに繋がり、車両位置情報に基づいて、迅速に緊急車両を手配します。さらに、エアバッグ作動時には、自動でオペレーターに接続し、ドクターヘリ等の早期出動判断を行うD-Call Net®*20にも対応しています。
•車両位置追跡やオペレーターサービスなど「オプションサービス」の中から、お客様の用途に合わせてサービスを選び、月額/年額で利用が可能です。

*7 HYBRID X 1050kg(開発目標値)
*8 MT車を除く
*9 1.0L車はレーンディパーチャーアラート[LDA](ステアリング制御機能付)
*10 [作動条件]走行中にSRSエアバッグのセンサーが衝突を検知して作動したとき。ただし、構成部品が破損したときには作動しません。 . [解除条件]次のいずれかのとき自動的にシステムが解除されます。 ① 車両が約0km/hになったとき ② 作動して一定時間経過したとき . ③アクセルペダルを大きく踏み込んだとき
なお、セカンダリーコリジョンブレーキを過信しないでください。本システムは、二次衝突による被害軽減に寄与することを目的としていますが、その効果はさまざまな条件により変わります。システムを過信すると重大な傷害に及ぶか、最悪の場合、死亡につながるおそれがあります。
*11 人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間のような関係を築くトヨタ独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」
*12 2019年10月現在、トヨタ自動車(株)調べ
*13 Data Communication Module(車載通信機)
*14 T-ConnectエントリーまたはT-Connectスタンダードにご加入いただくことで安全・安心に関するT-Connectサービス(基本サービス)を5年間ご利用いただけます(6年目以降は3,300円/年[税抜き]または300円/月[税抜き])
*15 SmartDeviceLinkConsortiumの商標または登録商標
*16 Bluetooth SiG, Inc.の登録商標
*17 LINE株式会社の登録商標
*18 Apple Inc.の商標
*19 Google LLCの商標
*20 認定NPO法人 救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)の登録商標。詳しくはhttp://www.hemnet.jp/
*21 CarPlay/Andoroid Auto/TV(フルセグ)はセットオプション(税抜30,000円・初回のみ) toyota/jp/mobility/toyota-brand/features/tms/2019/
*22 スマートエントリー標準装着車のみ。
*23 ナビキット購入日から3年間無料(全地図更新(USB書換方式)で2年延長可)。
*24 マップオンデマンドのサービス有効期限内で、T-Connect利用契約が必要
*25 T-Connect対応オートアラームの装着が必要
*26 T-Connectエントリーの場合、位置情報の通知なし
*27 ホテル・レストランの案内・予約/国内航空券の予約/レンタカーの取次ぎ(除く、車両問合せ対応)
*28 「オペレーターサービス」と「オペレーターサービスPlus」は、どちらか一方のみ選択可

その他の東京モーターショー関連リリースはこちら :https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/features/tms/2019/


オススメのディーラー