TOYOTA、ダイナに夜間の歩行者と、昼間の自転車運転者も検知するプリクラッシュセーフティを採用


TOYOTAは、ダイナ2t積系を一部改良し、5月1日に発売します。

今回の一部改良では、プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ)*1の検知機能を向上させ、車両や昼の歩行者だけでなく、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者も検知対象としました。

さらに、電動パーキングブレーキのレス仕様を設定*2(オプション)し、幅広く選択いただけるようにしました。

TECS(メーカー完成特装車)においては、ベース車と同様の改良を施すとともに、車両運搬車のスライドキャリア エスライド SS-02F(架装メーカー : (株)タダノ)では、荷台へ車両が乗り込む際に使用する、地面に敷く道板(みちいた)の長さを短くすることで軽量化するとともに、車両の積み下ろしでの作業性を高めるなどの改良を行っています。
*1 LPG車および消防車シャシーを除く
*2 ダブルキャブ車を除く


ダイナ カーゴ 車両情報はこちら
https://toyota.jp/dynacargo/

ダイナ ダンプ 車両情報はこちら
https://toyota.jp/dynadump/

ダイナ ルートバン 車両情報はこちら
https://toyota.jp/dynaroutevan/



オススメのディーラー