LEXUS、「LS」を一部改良

•足回りの変更により、LSらしい上質な乗り心地や静粛性を向上
•“EXECUTIVE”後席の快適性を高め、フラッグシップセダンならではのゆとりを強化


LEXUSは、LSを一部改良し、全国のレクサス店を通じて10月3日に発売しました。

LSは、1989年の発売以来、滑らかでパワフルな走りや圧倒的な静粛性・快適性など、高級車の新たな基準を作りました。2017年に登場した5代目では、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリング、エモーショナルな走り、数々の先進技術により、LEXUSの象徴として大きな変革を果たしました。

今回の一部改良では、FR車のショックアブソーバーにAWD車と同様の伸圧独立オリフィス*1を採用することで、減衰力可変幅の拡大や摩擦低減など乗り心地を向上。また、ランフラットタイヤの補強層構造の最適化*2、AVSやリヤサスペンションマウントのチューニングにより、LSならではの上質な乗り心地を進化させました。

ハイブリッド車のLS500hでは、加速時のバッテリーによるアシスト量を増加させるとともに、アクセル特性を変更することで、駆動力と静粛性を高めました。“EXECUTIVE”では、後左席の足元空間や前方視界を広げたエンターテインモード*3や、操作性を高めたリヤマルチオペレーションパネル*4などにより後席の快適性を向上させました。

*1 ショックアブソーバーの伸び/縮みでそれぞれに適したオイル流路(オリフィス)を設定するバルブ機構
*2 除く“F SPORT”
*3 リヤシートエンターテインメントシステム装着車
*4 “EXECUTIVE”、“version L”に標準設定

LS 車両情報はこちら : https://lexus.jp/models/ls/




オススメのディーラー