LEXUS、「GS F」を一部改良

•ホイールなどのカラーリングをブラックで引き締めた、精悍なエクステリア
•GS F専用チューンドサスペンションを改良し、“F”ならではのスポーティな走りを強化


LEXUSは、GS Fを一部改良し、全国のレクサス店を通じて10月1日に発売しました。

GS Fは、「日常からサーキットまで、シームレスに走りを楽しめる」という“F”フィロソフィーを追求し、2015年にデビューした4ドアスポーツセダンです。GSをベースに、自然吸気ならではの滑らかさとレスポンスの良さを楽しめるV型8気筒エンジンや、優れたボディ剛性、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する駆動力制御システムTVD*などにより、セダンでありながらサーキット走行を楽しめる“F”モデルの高性能セダンとして、LEXUSのスポーツイメージをけん引してきました。

今回の一部改良では、標準設定のアルミホイールに“F”を主張するマットブラック、ドアミラーとBピラーガーニッシュにブラックの配色を施し、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングとしました。Brembo製のブレーキキャリパーは、情熱的なオレンジもしくはスポーティな新色ブルーが選択可能となり、全8色のボディカラーとの組み合わせが楽しめます。また、内装色のブラック&アクセントホワイトは、配色を変更することで、ホワイトのアクセントをより一層際立たせました。足回りでは、サスペンションを改良。ステアリングブッシュの剛性を高めてドライバーの意図がよりリニアに伝わるようセッティングしました。加えてリヤトーコントロールアームブラケットのアルミダイキャスト化により軽量化と高剛性を実現。普段の走りでは安定したステアリング操作を確保し、サーキットでは限界域でのコントロール性を追求することで、“F”ならではのスポーツ走行を進化させました。



GS F 車両情報はこちら : https://lexus.jp/models/gsf/


オススメのディーラー