ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

CH-R
口コミを書く 取り扱いディーラーはこちら

新車販売価格 236.7~309.5万円 発売年
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4385×1795×1550 mm 車両重量 1390~1470kg
排気量 1196~1797cc 燃費 15.2~30.4km/L

モデル概要

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。
ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」は2WD、「G‐T」、「S‐T」には2WDと4WDを用意。
「G」、「S」はクラストップレベルの30.4km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。
安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。
今回、マイナーチェンジを行うと共に、1.2L ターボ車(2WD)の「G‐T」、「S‐T」に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加した。
「C‐HR」の拘りのひとつであるデザインが、ワイドスタンスを強調するフロント&リアスタイルとすることで、よりスタイリッシュに進化。また、スマートフォンとの連携を可能にしたディスプレイオーディオ(DA)や車載通信機DCMを全車に標準装備することにより、コネクティッドカーとして便利で快適なカーライフを提供。
安全機能においても、駐車時など、静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]をオプション設定するなど、装備の充実を図った。
さらに、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを生かした特別仕様車「S GRスポーツ」「S‐T GRスポーツ」を設定。フロア下にフロアセンターブレースを追加しボディ剛性を強化。
操舵応答の向上やフラットな乗り心地によりスポーティな走りを実現した。専用の19インチタイヤを採用するとともに、足回りついても専用のチューニングを施し、GRの走りを追求した。


オススメのディーラー