ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

CX-8
口コミを書く 口コミを見る 取り扱いディーラーはこちら

新車販売価格 294.8~489.1万円 発売年
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4900×1840×1730 mm 車両重量 1710~1920kg
排気量 2188~2488cc 燃費 12.0~13.4km/L

モデル概要

マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデル、新型3列シートクロスオーバーSUV「CX‐8」。「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)‐Soul of Motion」を全面的に採用し、「上質かつ洗練されたデザイン」、「街乗りから高速走行まで余裕のある走り」、「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」を特長とする。ラインアップは、2.2L クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV‐D 2.2」を搭載した「XDプロアクティブ」、「XD Lパッケージ」、2.5L 直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV‐G 2.5」搭載の「25S」、「25S プロアクティブ」、「25S Lパッケージ」、さらに、2.5L 直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV‐G 2.5T」搭載の「25T Lパッケージ」を設定。全機種に6速オートマチックトランスミッション「SKYACTIV‐DRIVE(スカイアクティブ・ドライブ)」を設定。また、新たに「G‐ベクタリングコントロールプラス(GVCプラス)」を全車に標準設定し、高速走行時や滑りやすい路面でも安定した車両挙動を実現。今回、一部改良を行い、新たに4WDモデルの追加を行った。多人数車でも美しい、走りもデザインも洗練された、大人のロングツアラーとして、利便性や快適性を向上した。電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備を追加したほか、塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高めた。荷室は、サブトランクボックスの容量を拡大することで、丸畳式サンシェードなどのアウトドアグッズを平置きできるサイズとなり、機内持ち込みサイズのスーツケースであれば3列目を使用した状態でも4個積載可能となり、多人数車としての用途を拡大している。併せて、同乗者をおもてなしする特別仕様車「エクスクルーシブ・モード(Exclusive Mode)」を追加。2列目のアームレスト付コンソールを備えたキャプテンシートに、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備し、運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者にもくつろげる空間としている。パワートレインでは、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。AWD車には、さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供するオフロード・トラクション・アシストを採用した。


オススメのディーラー