LS
口コミを書く 取り扱いディーラーはこちら

新車販売価格 999.6~1711.7万円 発売年
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
5235×1900×1450 mm 車両重量 2150~2390kg
排気量 3444~3456cc 燃費 9.5~15.8km/L

モデル概要

LEXUS(レクサス)ブランドのフラッグシップセダン「LS」。5代目となる新型「LS」は、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリング、エモーショナルな走り、数々の先進技術により、LEXUSの象徴として大きな変革を果たした。ラインアップは、3.5L V型6気筒エンジン+ハイブリッドシステムを搭載した「LS500h」、3.5L V型6気筒インタークーラー付ツインターボエンジンを搭載した「LS500」を設定。それぞれに新開発マークレビンソンリファレンス3Dサラウンドサウンドシステムを装備した「エグゼクティブ」、ドアを開けるとバックルが上昇し、シートベルトを締めるとバックルが下降する前席イージーアクセスバックルを装備した「バージョンL」、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキ、20インチランフラットタイヤ&ホイール(前後異サイズ)を装備した「Fスポーツ」、パワートランクリッド、本革ステアリング(パドルシフト付)&本革シフトノブを装備した「Iパッケージ」を用意する。駆動は、2WD(FR)とAWDを用意。進化した予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準装備とした。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行うと共に、一部改良を行った。FR車のショックアブソーバーにAWD車と同様の伸圧独立オリフィスを採用。また、ランフラットタイヤの補強層構造の最適化(「Fスポーツ」を除く)、AVSやリヤサスペンションマウントのチューニングにより、LSならではの上質な乗り心地を進化させた。ハイブリッド車では、加速時のバッテリーによるアシスト量を増加させるとともに、アクセル特性を変更することで、駆動力と静粛性を高めた。「エグゼクティブ」では、後左席の足元空間や前方視界を広げたエンターテインモードを装備。さらに、「エグゼクティブ」、「バージョンL」に、操作性を高めたリヤマルチオペレーションパネルを装備し後席の快適性を向上させた。


コメント投稿フォーム

オススメのディーラー