honda e
口コミを書く 取り扱いディーラーはこちら

新車販売価格 451.0~495.0万円 発売年
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
3895×1750×1510 mm 車両重量 1510~1540kg
排気量 ----cc 燃費 259km~283km(一充電走行距離・WLTCモード)

モデル概要

Honda eは、新開発となる後輪駆動のEV専用プラットフォームを採用した都市型コミューター。シンプルでモダンなデザイン、力強くクリーンな走りや取り回しのよさを特徴にするとともに、多彩な先進機能を搭載した。
後重量配分は50:50を実現し、電動モーターは最高出力113kW(154PS)、最大トルク315Nmを発生。電力の出し入れ性に優れる高出力型リチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWhで、1回の充電で283km(WLTC)の走行を可能にした。また、急速充電にも対応し、30分の急速充電で走行可能なレンジは202kmとしている。
外観のデザインでは円を基調にしたキャラクターを与え、新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインを目指した。
愛らしい丸形のヘッドライト&テールランプ、視界と空力を考慮した電子ミラーシステム「サイドカメラミラーシステム」(標準装備)、ポップアップするフラッシュアウターハンドルなども外観上のポイントとなっている。
室内でのハイライトの1つが、世界初となる5つのスクリーンを水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルで、その中央には12.3インチのスクリーンを2画面並べた「ワイドスクリーン HondaCONNECT ディスプレー」を配置。この2画面ではボタン1つで左右画面を入れ替えたり、アプリ履歴の表示やアイコンボタンのフリック操作で右側から左側の画面にアプリを表示させたりすることが可能。表示アプリはクラウドAIによる音声認識と情報提供を行なう「Hondaパーソナルアシスタント」をはじめ、ナビゲーション、オーディオ、各種設定画面、ハンズフリー電話、四季の壁紙、スマートフォンの音楽アプリや外部接続のエンターテイメント画面など多彩に用意されている。また、クルマにダウンロードが可能な水槽のアプリ「Aqualium」では画面にタッチすると魚に餌が与えられるなど、これまでのクルマではなかった楽しみながら新たな使い勝手を創造できるディスプレイに仕上げたという。
Hondaパーソナルアシスタントについては、「OK Honda」と呼びかけることで音声認識により最新かつリアルタイムの情報をオンデマンドに提供するというもので、語りかけに対してキャラクターが7つの表情で反応したりするなど、よりクルマへの愛着がわく仕掛けが用意されている。さらにホンダ車専用の車載通信モジュール「Honda CONNECT」も搭載される。


コメント投稿フォーム

1件のコメント

    口コミ一覧

  1. 匿名 より:

    先日試乗しました。
    とても静かでビックリしました。
    まだ走行距離が少ないので迷ってます。
    これからもっと電気自動車がでて、充電場所・時間・距離が
    改善できたら購入したいです。

オススメのディーラー