ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

ヤリス クロス
口コミを書く 口コミを見る 取り扱いディーラーはこちら

新車販売価格 179.8~281.5万円 発売年
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4180×1765×1590 mm 車両重量 1110~1270kg
排気量 1490cc 燃費 17.4km/L~30.8km/L(WLTCモード)

モデル概要

ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎ、利便性にとどまらず、乗る人の個性やライフスタイルを彩る都市型コンパクトSUV「ヤリスクロス」。
ラインアップは、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステム搭載の「ハイブリッドZ」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドX」、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジン(Direct Shift‐CVT)搭載の「Z」、「G」、「X」、「X Bパッケージ」を設定。
それぞれ2WD、4WDを用意。コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA‐B)を採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを追求した。
サスペンションの一新とあわせ、ヤリスシリーズとしてのこだわりである軽快なハンドリングと上質な乗り心地を両立。
エクステリアは、「Robust&Minimalist」の思想のもと、デザインキーワードを「ENERGETIC SMART」とし、アクティブで洗練されたバランスの良いプロポーションを追求。
フロントからリヤコンビネーションランプまで高い位置で一気に通り抜ける水平基調の軸によるSUVらしい力強いサイドビューや、特徴的なキャラクターラインが、力強さとユーティリティを強調する。
インテリアは、センターコンソールからディスプレイオーディオ(DA)にかけての縦方向の流れを強調することで、力強さを表現した。
シート、ステアリング、シフトレバーなどを適切に配置。視認性に優れたTFTカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイおよびメーター、DAの上方配置とヘッドアップディスプレイ(HUD)の採用により、ドライバーの視線移動を最小限にすることで、運転に集中できるインテリアを実現した。
また、デッキボード下段時にはコンパクトSUVトップクラスの荷室容量を実現するなど、SUVらしい高さをいかし、ユーティリティ性に優れたゆとりあふれる荷室空間となった。
さらに、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備(「X Bパッケージ」を除く)し、進化させた「安全・安心」「快適・便利」な先進機能が充実している。


オススメのディーラー