口コミを投稿する

ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

                   

高速道路上での駐停車は恐ろしいほど危険だった! 万が一停まらざるを得ないことが起こったときはどうする?

WEB CARTOP より

高速上での駐車・停車は道交法で禁止されている


多くの高速道路には、走行車線のほかにいちばん左側に路肩があります。
ここは主に緊急車両が通過するために空けておくスペースですが、たまに見かけるのがハザードランプを点灯して停車し、ラゲッジを開けて荷物の整理をしていたり、SAまで間に合わなかったのか用を足している男性。
これらはすべて、法律違反になります。高速道路上での駐車・停車は、道路交通法で禁止されているからです。


ただし例外として、バーストやエンジン焼け付き、運転者や同乗者の急病といった不測の事態により、その場から安全に走行することが困難となった場合はやむを得ないと判断されます。
なるべくならSAやPA、それが無理なら路肩でも500m〜750mおきに広いスペースが確保されてる「非常駐車帯」まで行ってから停車したいところですが、そうも言っていられない緊急事態の場合は、可能な限り見通しのいい直線区間などの路肩に寄せて停車し、まずは万が一後続車に追突されても本線へ飛び出て行かないよう、ハンドルを左へ最大限に切っておきます。
次にハザードランプ、助手席側の足もとなどに常備されている発煙筒を焚き、車載が義務付けられている三角停止板を自車から50mほど後ろに置き、停止車両がいることが後続車に認識しやすくします。


この際、クルマから出る際は左側のドアから出るなど、後続車によく注意し、クルマの様子を見るなど周囲を歩き回ることはせず、速やかにガードレールの内側に避難します。
高速道路上には1kmおきに非常電話が設置されており、そこから助けを求められますが、見当たらなければ携帯電話で道路緊急ダイヤル(#9910)、警察(110)または救急(119)に連絡しましょう。
近年は、クルマに「SOSコール」のボタンが装備されている車種も増えてきましたので、こうした万が一の時にすばやく自車位置などがコールセンターに通知できて助かりますね。

でもなぜ、高速道路上の駐車・停車は禁止されているのでしょうか。

路肩に停車している車両が走っているように見えることも


それはやはり、重大事故、死亡事故につながりやすいからです。
2013年に、人気のあったお笑いタレントが高速道路を走行中に中央分離帯に衝突し、様子を確認しようとクルマを降りたところ、後続車にはねられて亡くなったという報道に、胸を痛めた方も多いと思います。
この事故では雨が降る中、夕方の視界の悪い時間帯で、しかもカーブの先で見通しの悪い場所だったという最悪の条件が重なってしまった末の悲劇でしたが、晴れていても、見通しがよくても、路肩に停車中のクルマに後続車が追突する事故は多発しています。

その理由として、後続車が路肩に停車している車両を「走行している」と誤認し、停車中だと気づいた時にはブレーキが間に合わずに追突するケースが考えられます。
また、疲れて注意力や集中力が低下したドライバーには、ハザードランプとブレーキランプの区別がつきにくくなるケースもあるそうです。
そんな時、停車車両から人が降りていて、影に隠れて見えにくい状態だったりしたら……。

実際、交通事故分析センターがまとめたH15-24年の「高速道路における事故類型別の死亡事故割合」では、「車両相互(追突)」0.68%、「車両単独」5.98%などに比べて「人対車両」が15.65%と突出して高い割合を占めており、むやみに高速道路上に停車したり、降りることがどれほど危険かを示しています。

さらに高速道路の本線上では、ドライバーは「まさかこんなところに人がいるとは思っていない」状態のため、人を見てもそこから危険だと認識するまでに一般道よりも時間がかかっているというデータもあります。

ほんの少しだから、という軽い気持ちで路肩に駐車・停車した結果、重大事故、死亡事故につながってしまう可能性は思っている以上に高いです。軽率な行動で命を無駄にしないよう、しっかりルールを守りたいですね。

https://www.webcartop.jp/2022/02/855495/0/