軽乗用車「タント」にお買い得な新グレード「セレクション」シリーズを新設定


ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、軽乗用車「タント」に新グレード「セレクション」シリーズを設定し、12月23日(月)から全国一斉に発売する。「タント」は2003年の発売以来、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さにより、スーパーハイト系という新市場を開拓。軽自動車初となるピラーインドア「ミラクルオープンドア」や、両側パワースライドドアを採用し、お客様にご好評をいただいている。今年の7月に発売した現行の4代目は、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu NewGlobalArchitecture)」による第一弾であり、「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代のお客様のニーズにお応えする良品廉価な商品とし、さらに「次世代スマートアシスト」として充実した先進・安全装備を採用するなど、全方位で大幅に機能と性能を進化させた。今回はタントXとXターボ、カスタムX、カスタムRSをベースとした新グレード「セレクション」シリーズを設定。既存のパックオプションであるコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックの3種をグレードに応じて標準設定し、従来に比べてお買い得な価格とした。ダイハツは“Light you up”の考え方のもと、これからもお客様一人ひとりに最適なモビリティを提供し、軽自動車と小型車の幅広いスモールカーラインナップで、お客様のニーズにお応えしていく。




オススメのディーラー