ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

                   

日産自動車、「シーマ」と「フーガ」の仕様向上を発表

先進安全装備の拡充で全車「サポカーSワイド」の対象に


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、23日、「シーマ」と「フーガ」の仕様を向上し、近く全国一斉に発売すると発表しました。


「シーマ」は、初代モデルから引き継がれているDNA、圧倒的な走行性能、高い動力性能、安全性、快適性、環境性能などが、長く、多くのお客さまに支持されています。
また「フーガ」は、高い走行性能、ダイナミックかつエレガントなデザイン、全方位の安全性能が、多くのお客さまから好評を得ています。

今回の仕様向上では、先進安全装備を拡充したことで、「シーマ」、「フーガ」ともに、「サポカーSワイド」の対象*となり、さらに安心してお乗りいただけるモデルになりました。

* 一部グレードを除く

仕様向上の詳細は下記の通りです。
「シーマ」と「フーガ」は、走行中に、前方の車両や障害物、さらに静止した歩行者も検知し、衝突被害の「軽減」や、追突の「回避支援」を行う「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を全車標準装備しました。また、進行方向の壁や車両などの障害物(前進時・後退時)を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる障害物への衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」、先行車または対向車や周囲の明るさなどに応じ、自動的にハイビーム(上向き)とロービーム(下向き)を切り替える「ハイビームアシスト」、などの先進安全機能も全車標準装備しました。
さらに、先行車との距離を測定し、運転者がセットした車速を上限として、システムがアクセルとブレーキの操作を行い、車速に応じた車間距離を保ちながら走行する「インテリジェント クルーズコントロール」を全グレードに標準装備しました。「フーガ」はさらに、2台前を走る車両を検知し、前方に潜む危険に対して注意を促す「インテリジェント FCW」や、クルマの発進・加速時に生じる過剰な燃費消費を抑制し、エコ運転をサポートする「ECOペダル」を全グレードに標準装備しました。
なお「フーガ」は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化する先進安全技術の更なる進化に伴い、ブランドバッジを「日産」にいたしました。



シーマWEBカタログ: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/cima.html

フーガWEBカタログ: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/fuga.html


オススメのディーラー