口コミを投稿する

ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

新型SUV「ZR-V」を2023年4月に発売
口コミを書く 口コミを見る

~“美しいデザインと意のままの走り”を兼ね備えた新価値SUV~



 Hondaは、新型SUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」を2023年4月21日(金)に発売します。ZR-Vは、SUVのコア価値である「実用性」と、最新の安全装備と衝突安全性能が生み出す「信頼感」に加え、異彩を放つ存在感のある「デザイン」、そして爽快かつ快適な「走り」を高い次元で兼ね備えることを目指して開発されました。

ZR-V製品サイト:https://www.honda.co.jp/ZR-V/


ZR-Vの主な特長

ZR-Vの開発コンセプトは「異彩解放」。ドライバーがクルマを自在に操ることで自信と余裕を持ち、自分らしさを解放して新たな行動を起こしてほしい、という想いを込めています。
パッケージング

・ヒールポイントからヒップポイントの高低差を小さくすることで、クルマとの一体感を高めたドライビングポジションを実現しました。
・運転のしやすさに寄与する爽快な視界を徹底追及しました。視線移動時の、「流れを乱さない」、「流れを切らない」、「挙動変化をつかみやすくする」という3つをポイントに、自車の向きや車両感覚を把握しやすい基調線をクルマの内外に用いるなど、運転のしやすさにつながる工夫を施しています。
・美しさと使い勝手を両立させた多彩な収納スペースを用意し、お客様のさまざまなニーズに応えられるユーティリティーを確保しました。荷室空間については限りなくフラットに近くするとともに、サイドに波形の幾何学模様を施したデジタル造形デザイン※1を国内Honda車として初採用し、統一感のある「デザイン性」と傷が目立ちにくい「機能性」を兼ね備えた造形としています。また、パワーテールゲートを全タイプ標準装備としています。

※1コンピューターの数値処理で自然界にある波形のような滑らかな幾何学模様を3D(立体)デザインとして作りだす新しいデザイン手法

デザイン

・エクステリアは、フロントからリアにかけてボリューム豊かで滑らかな面が特徴の流麗なプロポーションとしました。
・フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質さと凛々しさを表現しています。
・リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調した造形となっています。
・インテリアは、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用。細部にわたる部品の仕立ても機能的で緻密な仕上げとし、造形の美しさを際立たせることで、上質な室内空間を目指しました。また、運転席と助手席の間に配置したハイデッキセンターコンソールにより、各乗員に適度なパーソナル感も提供しています。

ダイナミクス

・お客様に一番感じていただきたい価値として「自在に操る自信と余裕」を最上位に置き、ドライバーの意思がそのままクルマの挙動に直結しているような一体感のある走りを目指しました。不要なクルマの動きやノイズを徹底的に抑え、路面を常に捉える高い接地性を確保し、安心感を提供します。

パワートレーン

・ハイブリッドモデルには、CIVIC e:HEV※2(シビック イーエイチイーブイ)で新開発した2.0L直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVTの「スポーツe:HEV」をSUVに初搭載。ハードと制御ソフトの両面で進化させることによって、従来のe:HEVに対して燃費、排出ガスクリーン性能、静粛性を向上させるとともに、V6 3.0Lエンジンに匹敵するモーターならではの力強い加速を実現しました。市街地から郊外、高速道路、ワインディングなど、さまざまなシーンにおいて、上質で爽快な走りを提供します。
・ガソリンモデルには、1.5L直噴VTEC TURBOエンジン+CVTを採用。2.4Lエンジンに匹敵する低速トルクがもたらす力強い加速と、高回転までよどみなくパワーが増大するリニアな出力特性を実現しています。
・ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともに、リアルタイムAWDを全タイプに設定。前後駆動力配分の最適化によりタイヤがしっかり路面を捉えることで、雪上など滑りやすい路面でも安心して走行できることを目指しました。また、積雪した坂道での発進時も、後輪駆動力を増大させたことにより、安心感のある発進・加速が可能です。
・ドライブシーンによって選択が可能な「SPORTモード」※3、「NORMALモード」、「ECONモード」、「SNOWモード」の4つのドライブモードを搭載。国内Honda SUV初採用となる「SNOWモード」は、アクセルペダルの踏み込みに対する駆動力を抑えることで、雪道など滑りやすい路面においてもスムーズな発進・加速をサポートします。

※2 e:HEV(イーエイチイーブイ)は、電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバル統一呼称。“e:”には「electric(電気)をenergy(原動力)にして、みんなの笑顔と元気を力強くenergize(活気づける)していく」という意味が込められています
※3ガソリンモデルのXを除く全タイプに設定


安心・安全領域

・Honda SENSING
安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※4の最新機能を装備。フロントワイドビューカメラは、約100度の有効水平画角を持つ広角カメラと高速画像処理チップにより、衝突軽減ブレーキ(CMBS)などにおける対象物の検知精度を高めています。また、前後バンパーに4カ所ずつ設けられたソナーセンサーは、近距離における外壁やガラスなどを高い精度で検知し、踏み間違いなどによる誤発進の抑制や衝突の回避に貢献しています。さらにリアバンパーに内蔵されたレーダーで、車両の後側方25m以内に接近する車両を検知し、斜め後ろにいるクルマの存在をドアミラーのインジケーターで知らせる、ブラインドスポットインフォメーションを標準装備しています

1)衝突軽減ブレーキ<CMBS>
2)誤発進抑制機能※5
3)後方誤発進抑制機能※5
4)近距離衝突軽減ブレーキ※5
5)歩行者事故低減ステアリング
6)路外逸脱抑制機能
7)渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>
8)車線維持支援システム<LKAS>
9)トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
10)先行車発進お知らせ機能
11)標識認識機能
12)オートハイビーム
13)アダプティブドライビングビーム※6
14)ブラインドスポットインフォメーション
15)パーキングセンサーシステム
16)後退出庫サポート※6

※4Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
詳細はホームページをご参照くださいhttps://www.honda.co.jp/hondasensing/
※5「誤発進抑制機能」、「後方誤発進抑制機能」、「近距離衝突軽減ブレーキ」を組み合わせて「踏み間違い衝突軽減システム」と呼びます
※6タイプ別設定

・ヒルディセントコントロール(HDC)
滑りやすい急な下り坂や荒れた急勾配な道でも設定した速度を自動でキープ。
ドライバーはステアリング操作に集中することができます。

充実の装備

・BOSEプレミアムサウンドシステム※7
ZR-Vの室内環境に合わせBOSE(ボーズ)社と共同開発した12スピーカー搭載のプレミアムサウンドシステムを採用。スピーカーの位置を感じさせない包まれるようなサラウンド体験や、走行状況の変化に影響されにくい快適なリスニング空間により、まるでコンサート会場にいるような臨場感を全席で味わえます。

※7e:HEV Z・Zに標準装備



ボディカラー

・プレミアムクリスタルガーネット・メタリック(Honda新色)★1
・ノルディックフォレスト・パール(Honda新色)
・プラチナホワイト・パール★2
・スーパープラチナグレー・メタリック★2
・クリスタルブラック・パール
・プレミアムクリスタルブルー・メタリック★1
・ミッドナイトブルービーム・メタリック★2

★1 60,500円(消費税10%抜き55,000円)高となります
★2 38,500円(消費税10%抜き35,000円)高となります


    • 口コミ題名:
    • 内容:

    • 掲載には当サイト運用チームによる審査があります。
    • 誹謗中傷や公平性に欠けると判断した場合には、掲載されない可能性がありますのでご注意ください。