ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

                   

新型「CIVIC」を世界初公開


Hondaは本日、2021年8月発表・秋発売予定の新型「CIVIC(シビック)」を世界初公開しました。

オンラインで実施したワールドプレミアでは、刷新したハッチバックスタイルの新型シビックのエクステリア・インテリアデザインをお披露目し、ダイナミクス性能の進化点を発表しました。また、Honda独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」※1を搭載したハイブリッドモデルの新型シビックと、シビック TYPE Rの発売を2022年に予定しています。

ワールドプレミアのアーカイブ映像は、以下URLからご覧いただけます。
https://youtu.be/vMkhRoFRJ14

新型シビック概要


グランドコンセプト「爽快シビック」

親しみやすさと特別な存在感を併せもち、乗る人全員が「爽快」になることのできるクルマを目指しました。Hondaのクルマづくりの基本である「人中心」の考え方を深く掘り下げ、気持ちが明るくなるような開放的な「デザイン」、質の高い走行体験を提供する「ダイナミクス」、直感的に使うことのできる「HMI(Human Machine Interface)」など、乗る人を中心とした考えを元に進化させました。
パッケージング

開放的な空間と、広い水平視野角による気持ちの良い視界を実現。また、従来からのローアンドワイドな骨格をさらに際立たせることにより、高い安定感と動的性能の両方で、新型シビックならではのパッケージを作りあげました。
エクステリア

運転しやすく心も開放的になれるようなキャビンを追求するとともに、クーペのような流れるプロポーションを描くことで、前方視界の確保と美しいクルマの両立を目指しました。フロントは、精悍でスポーティーな表情となるよう、LEDの薄型ヘッドライトと、ハニカムグリルを採用。リアは、スタンスの良さを強調しローアンドワイドとしました。
インテリア

ノイズレスな造形とすることで、爽やかで心地の良い移動ができる空間を目指しました。また、感性に響くようなスイッチの触感と空間のデザインを追求し、気持ちの良い視界を提供する空間を作りあげました。
ダイナミクス

質が高く軽快な新しい移動体験の提供を目指し、細部にわたる熟成を行いました。軽快感と一体感のあるステアフィールにより路面と会話をしているかのような、クルマと一体となった運転感覚を実現。また、加速と一体感のあるエンジンサウンドを提供します。ミッションはCVTと6MTを設定し、さらに進化した操る喜びをご体感いただけます。
Honda SENSING

最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※2は、フロントワイドビューカメラと高速画像処理チップを採用。トラフィックジャムアシストの追加等、先代モデルからさらに機能を進化・充実させました。また、夜間の対向車などに眩しさを与えず、良好な遠方視認性を提供するアダプティブドライビングビーム※3をHondaとして初めて採用し、安全運転を支援します。


※1e:HEV(イーエイチイーブイ)は、電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバル統一呼称。“e:”には「electric(電気)をenergy(原動力)にして、みんなの笑顔と元気を力強くenergize(活気づける)していく」という意味が込められている
※2Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。詳細はホームページをご参照ください https://www.honda.co.jp/hondasensing/
※3EXグレードのみに設定


オススメのディーラー