三菱自動車、軽ハイトワゴン『eKクロス』の特別仕様車を発売 ~運転支援技術などを標準装備~


三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、三菱自動車らしさを追求したSUVテイストの軽ハイトワゴン『eKクロス』に特別仕様車「T Plus Edition」を設定し、全国の系列販売会社を通じて12月25日(水)から発売します。メーカー希望小売価格は1,820,500円~1,952,500円(消費税10%込み)です。


1. 商品概要
特別仕様車「T Plus Edition」は最量販グレード「T」をベースに下記装備を装着しました。

(1)特長装備
人気装備である、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」と電動パーキングブレーキ、後方の視認性を高める「デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)」を標準装備とし、より多くのお客様に、先進技術による快適かつ安心・安全な運転を楽しんでいただけるようにしました。また、リヤバンパーのシルバーアクセントをブラックとしました。

(2)専用ディーラーオプション
専用ディーラーオプションパッケージとして、「T Plus Editionコンプリートパッケージ」を設定しました。パッケージ内容は、「フロントバンパーガーニッシュ(ブラックマイカ)」「テールゲートガーニッシュ(ブラックマイカ)」「サイドデカール(ブラック/シルバー)」とし、フロント・リヤをブラックに統一することで、『eKクロス』の精悍さを一層高めるとともに、SUVらしい外観をより引き立たせました。



オススメのディーラー