マツダ、MAZDA3「SKYACTIV-X」搭載車を発売

―世界初、ガソリンの圧縮着火を実用化、気持ちよい走りと優れた環境性能を両立したエンジン―


マツダ株式会社(以下、マツダ)は、同社独自の燃焼制御技術「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」によって、ガソリンエンジンにおける圧縮着火を世界で初めて*1実用化した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載する「MAZDA3(マツダスリー)」を、全国のマツダ販売店を通じて12月5日に発売します。

*1 マツダ調べ。

「SKYACTIV-X」は、ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合し、人馬一体の気持ちよい走りと優れた環境性能を両立したマツダ独自の新世代ガソリンエンジンです。意のままに操ることができる加速感、走りの楽しさを引き立たせるエンジン音、それらがもたらす「気持ちよさ」と「楽しさ」「上質さ」がSKYACTIV-Xの魅力です。また、マイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(エム ハイブリッド)」の採用により、滑らかで気持ちの良い走りと、効率的な燃料消費をサポートします。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■「SKYACTIV-X」搭載車の特長

SKYACTIV-X(SPCCI)

ガソリンの「圧縮着火」による燃焼でリーンバーン(希薄燃焼)を可能とし、少ない燃料で高効率な燃焼を実現。

高剛性伝達システム

高応答エンジンの力を遅れなく伝える高剛性駆動力伝達システムの採用。

駆動力を自在に操るトランスミッション

ダイレクトで自在にコントロールできるマニュアルトランスミッション車。また、シーンに合わせ多彩な走りの楽しさを提供するドライブセレクションを、オートマチックトランスミッション車に採用。

カプセル化した遮音システム

エンジンを吸音材で囲む(カプセル化)ことにより、静粛かつクリアで気持ちの良いサウンド伝達を実現。




オススメのディーラー