ユーザーのリアルな新車口コミサイト 買おっかなー!

                   

クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』を一部改良

PHEVモデルに運転支援機能「マイパイロット」を採用


三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』の予防安全機能を充実させるとともに、PHEVモデルには高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット(MI-PILOT)」を採用するなど一部改良を実施。
11月25日(木)から全国の系列販売会社を通じて販売を開始します。
またガソリンモデルにお求めになりやすい価格ながら機能装備を充実させた特別仕様車「G Limited Edition」を設定し、2022年1月下旬から販売を開始します。
車両本体のメーカー希望小売価格はPHEVモデルで3,848,900円~4,510,000円(消費税10%込)、ガソリンモデルで2,531,100円~3,346,200円(消費税10%込)です。


1.変更のポイント
(1)PHEVモデルに高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット*1」を新たに採用
(2)PHEVモデル及びガソリンモデルの運転支援機能「三菱e-Assist*2」をさらに充実
(3)ガソリンモデルにお求めになりやすい価格ながら機能装備を充実させた特別仕様車「G Limited Edition」を設定
*1: 「P」「G」に標準装備
*2: 『エクリプス クロス』の運転支援機能(全車標準装備)

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM](歩行者検知付)
誤発進抑制機能(前進&後退時)
車線逸脱警報システム[LDW]
オートマチックハイビーム[AHB]


2.主な変更点
(1)PHEVモデルに高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット」を採用しました。車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援することで、高速道路での渋滞走行や、長時間の巡航走行においてドライバーの負担を軽減し、ロングドライブをもっと身近で気軽なものにします。

(2)PHEVモデル・ガソリンモデル共に、これまで「P」のみ標準装備の後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、及び後退時車両検知警報システム[RCTA]を「G」にも標準装備化し、運転支援機能「三菱e-Assist」をさらに充実させました。

(3)ガソリンモデルにお求めになりやすい価格ながら、機能装備を充実させた特別仕様車「G Limited Edition」を設定しました。

<主要装備>(「M」との主な装備差)
[エクステリア]
⮞ 18インチアルミホイール(切削光輝仕上げ)を採用し、スタイリッシュで存在感のあるエクステリアとしました。
[インテリア]
⮞ シート素材に上級ファブリックを採用したほか、ブラック加飾付きの本革巻ステアリングホイールや、フロントドア部分のLEDインテリアイルミネーションを装着し上質感を高めました。
[機能装備]
⮞ 高速道路などでのイージードライブを可能にするレーダークルーズコントロールシステム[ACC]、少ない視線移動で速度等の運転情報を確認できるヘッドアップディスプレイ、ブレーキオートホールド機能をもつ電動パーキングブレーキを装着し、機能性を高めました。
⮞ 運転席・助手席シートヒーター、左右独立温度コントロール式フルオートエアコンを採用し、快適性を高めました。


ご参考:『エクリプス クロス』は、流麗で洗練されたフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合したクロスオーバーSUVです。2020年に追加したPHEVモデルは、電動車ならではの力強い滑らかな加速とキビキビとしたハンドリンクで、グローバルで高い評価を受けており、搭載している「進化したPHEVシステムとS-AWC」が2022年次「RJCテクノロジー オブ ザ イヤー」を受賞しました。

『エクリプス クロス』車種サイトはこちら:
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/

https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2021/detail5571.html