「CIVIC SEDAN/CIVIC HATCHBACK」をマイナーモデルチェンジし発売


Hondaは、「CIVIC(シビック)」シリーズの「シビック セダン」、「シビック ハッチバック」を一部改良し、1月23日(木)に発売します。


 「操る喜び」の提供を目指し、2017年に現行モデルを発売。革新的なスタイリングと個性の際立った走りで、多くのお客様からご好評をいただいております。
 今回のモデルチェンジでは、立ち止まらずに進化をし続けるという想いのもと、エクステリアデザインの変更に加え、トップロードサンルーフ※1をハッチバックに設定するなど、機能美の上質さをさらに追求。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※2を全タイプに標準装備とし、商品の魅力をより一層高めました。

 また、2020年夏に発売を予定している「CIVIC TYPE R」の改良モデルに関する情報を、以下のホームページで順次公開します。
 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/

 なお、今回モデルチェンジをしたCIVICシリーズを、本日から1月12日(日)まで幕張メッセ(千葉県)で開催される「東京オートサロン」のHondaブースに展示します。

※1メーカーオプション設定
※2Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。
詳細はホームページをご参照ください https://www.honda.co.jp/hondasensing/

主な変更点
シビック セダン

 ご好評いただいている先進的で上質なフォルムはそのままに、フロントバンパーやリアガーニッシュのデザインやアルミホイールのカラーを変更。インテリアは、コンビシートを標準装備とするなど、より一層の上質感を追求しました。
シビック ハッチバック

 エクステリアは前後バンパー、フロントグリル、リアロアガーニッシュやアルミホイールのデザイン変更に加え、トップロードサンルーフを追加し機能的かつスポーティーなシルエットをさらに磨きあげました。また、6MT車のシフトノブの形状を変更し、ショートストローク化することにより、小気味よく決まるシフトチェンジを目指しました。
Honda SENSINGを全タイプに標準装備

 先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを全タイプに標準装備とし、新たに歩行者事故低減ステアリングと先行車発進お知らせ機能を追加しました。




オススメのディーラー